カマグラの副作用?頭痛でセックスどころじゃない人はどうする?

カマグラは本来、医師の診断によって処方してもらう医薬品。
高い効果が期待できる反面、副作用にも注意が必要です。

何も知らないまま服用して、体調不良が起こったら不安になってしまいますよね。
実際にカマグラを飲んで、頭痛に悩まされている人は少なくありません。

頭が痛くなるのはどうして?
我慢してセックスするしかない?

カマグラをうまく活用できるよう、副作用や対処法について事前に勉強しておきましょう。

カマグラを飲むと頭が痛くなるワケ

カマグラを飲むと頭痛がする

カマグラの強力な勃起作用は、血管拡張作用によるもの。

性器周辺の血管が拡がる → 性器への血流がグッと増える → 勃起が起こる

この血行促進作用は性器だけではなく、全身で起こります。
脳の血管が拡がると周辺の神経を刺激して、痛みが発現

とくに片頭痛持ちの男性は、カマグラを飲むと頭痛が起こりやすいようです。

頭痛の程度には個人差があり、「不快ではあるけど我慢できる」というレベルから「セックスに集中できない」というタイプまで人それぞれ。

またカマグラを飲むたびに頭痛がする人、毎回ではないけど頭が痛くなることがあるという人など、発症の頻度もさまざまです。

カマグラの摂取量が多過ぎるのかも

頭痛に限らず副作用が現れてしまうのは、カマグラを飲む量が多過ぎるのかもしれません

日本人に推奨されている摂取量は25~50mg。
しかしカマグラは、50mgと100mgの2種類が作られています。
そのまま飲んでしまうと、成分量が多くて身体に負担がかかってしまうことも。

もし50mgや100mgを飲んでいて頭痛が起こりやすいと感じている人は、錠剤を半分に割って服用してみるのもアリ
意外と「少ない量でもしっかり効いてくれて、副作用も減った!」と、うれしい結果になることもありますよ。

市販の頭痛薬を併用してOK!

頭痛が起こりやすい人、頭痛なんかにセックスを邪魔されたくないという人は、イブやバファリンといった市販薬を常備しておきましょう

頭痛薬とカマグラを一緒に飲んでも、勃起力が衰えたり効果の持続時間が短くなったりということはないのでご安心を。

ただし消化性潰瘍がある人や肝障害がある人、アスピリン喘息を発症したことがある人は、鎮痛剤の服用NGなので気をつけてください。

頭痛以外にもある!カマグラの副作用

カマグラの副作用は、頭痛だけではありません。

動悸顔のほてり鼻づまりなども、血管拡張の効果によって起こりやすい症状です。
いずれも軽度かつ数時間で治まることがほとんどなので、心配し過ぎる必要はありません。

副作用が現れてきたら、「カマグラが効いてきたな」とポジティブに捉えておきましょう。

しかし、持続勃起症(プリアピズム)や視覚異常(視界が光って見えたり青っぽく見えたりする)など、起こることはまれだけど発症したらコワイ症状も。

「何これ・・いつもと違う感じ・・」と異変を感じたら、恥ずかしがらずに病院を受診してくださいね。

持続勃起症って?

持続勃起症は、4時間以上に渡って勃起状態が続く症状です。
とくに痛みを伴っている場合は、緊急性が高く要注意!
放置すると陰茎海綿体の血液循環ができなくなり、性器の組織が壊死してしまうという恐ろしい結果に・・。

痛みがなく柔らかい勃起がずっと続いている場合は、定期的な治療によって改善できるので焦らなくても大丈夫です。

どうして起こる?視覚異常

カマグラが視覚に影響する理由は、PDE5阻害作用にあります。

シルデナフィルがPDE5を阻害する

PDE5の働きを邪魔するから、サイクリックGMPが働いて勃起しやすいコンディションになるというのが、カマグラの効果です。

このPDE5とよく似たPDE6という酵素が、視覚異常のカギ。
PDE6は網膜に存在していて、目が感じた光を脳に伝える役割を持っています。

カマグラはPDE5にしか作用しませんが、たまにPDE6にも作用してしまうことも。
光の伝達作用が妨げられてしまい、視野に異常をきたしてしまうというわけなんですね。

もし「いやに眩しいな」「風景がいつもより青っぽく見えるような・・」と感じたら、症状が治まるまでは車の運転や外出は避けておきましょう。