カマグラの副作用ってどんな症状?危険度別に解説 

カマグラは強力な勃起効果にばかり注目しがちですが、高い効果が得られる=副作用も起こりやすいということ。

副作用が起こるとどうなる?
身体に影響は?
副作用について何も知らないとかなり不安だけど、ちょっと知識があるだけで安心感は違いますよね。

カマグラの副作用について、そんなに危なくはないけど起こりやすい症状から発症率は低いけどかなり危険な症状まで、順番に説明していきます。

危険度【低】頻度は高めな副作用

カマグラの副作用

カマグラの副作用は、血行促進作用によって引き起こされる症状がほとんどです。

カマグラで起こりやすい副作用
頭痛(血管が拡がると血管周辺の神経が刺激される)
顔のほてり(頬の毛細血管の血行がよくなる)
鼻づまり(鼻粘膜の血管が膨張して、鼻の通りが悪くなる)
動悸(血流が増えて脈拍も増加する)

これらの症状はカマグラが効きはじめると現れて、効果が薄れていくにしたがって弱まります。
大抵は悪化せずに数時間で治まるので、心配しすぎる必要はありません。

頭痛はバファリンで対応OK!

頭痛がキツくて性行為に集中できない場合には、市販の鎮痛剤を併用して構いません。
頭痛持ちの人はカマグラと一緒に、バファリンやイブなどを常備しておくと安心です。

市販薬を飲んでもカマグラの勃起効果を妨げることはないので、頭痛対策を優先してセックスに専念しましょう。

また鼻づまりが不快に感じる人は、市販の鼻炎薬を飲んでOKです。

危険度【中】青いゴーグルをかけたみたい

カマグラを服用すると視野が青っぽく見えることがあります。
発症率は低く、起こったとしても時間で治まりますが、カマグラ服用時には車の運転や外出は控えておくのがベター。

カマグラの先発薬・バイアグラを製造しているファイザー社は、

「バイアグラの副作用として視界が青みがかったり、不鮮明になったり、光に対して過敏になったりする場合があります。
これらの副作用はごく短期間のものです」

としています。

色の感じ方が変わるだけなら問題ありませんが、ごくまれに急激な視力低下のリスクがあります。
眼に異常を感じた場合には、すぐに眼科を受診してください。

危険度【高】頻度はかなり低いけど起こると怖い!

カマグラは勃起を助ける目的で使いますが、何時間も勃起状態が続いて収まらないのは危険な副作用です。

プリアピズム(持続勃起症)といって、4時間以上も勃起が続く症状。
痛みをともなう硬い勃起が持続すると、ペニス内の血管(陰茎海綿体)で血液の循環ができなくなってしまいます。
6時間以上続くと陰茎海綿体の組織が壊死しはじめ、ペニスの機能を喪失するおそれが・・。
勃起したくて飲んだカマグラでペニスが役立たずになってしまわないよう、勃起が続いていることに気づいたらすぐに泌尿器科を受診しましょう。

虚血性プリアピズムと非虚血性プリアピズムがある

持続勃起症は2つの種類に分けられます。

虚血性プリアピズム 非虚血性プリアピズム
硬い勃起が続き、激しい痛みをともなう 痛みはともなわず、勃起の硬さは不十分
直ちに血液を循環させる手術を行なう 投薬治療で回復する

非虚血性プリアピズムの場合、緊急性は低く陰茎海綿体が壊死することはありませんが、虚血性プリアピズムはペニス自体を損なうためEDの重症化が避けられません。

プリアピズムの発症はごくまれですが、勃起が痛む&長時間続く場合は危険信号!と頭に入れておきましょう。